メガネの情報はこのサイトにおまかせ!

メガネのレンズはどんな種類がある?

メガネのレンズはどんな種類がある? メガネのレンズは大きく分けて、一般的に用いられるもので1つの補正機能を持つ「単焦点」と遠近両用で遠くから手元まで見えるように設計された「累進」の2種類があります。
また、累進は近くから遠くまで見えて車の運転などに最適な遠近両用のもの、手元から3~5メール先までよく見えて料理や家事に向いている中近のもの、手元から1メートルまでよく見えるデスクワークに適している近々と言われるものなど3つに分類されます。
度数が強くなればなるほどレンズが厚くなるので、「球面」「非球面」「両面非球面」などの3つにも分けられます。
両面非球面になればなるほど、薄く歪みが少なくクリアで裸眼に近い視界になり、フェイスラインの崩れの悩みも解決されます。
メガネはこのように様々な種類があり、見え方や厚みなど選択肢もたくさんあるので、メガネを新調する際は視距離がポイントとなります。
眼科などで自分の生活のシーンに合わせたものをしっかりと診てもらうことがおすすめです。

メガネに使用されるレンズの種類とその違いについて

メガネに使用されるレンズの種類とその違いについて メガネのレンズには大きく分けるとガラスとプラスチックという2つの素材があるほか、屈折率の強さや形状などの違いがあります。
それぞれのタイプによって適した使用環境やメガネを作成するコスト面での差が出てきますので、選ぶ場合には十分に検討することをお勧めします。
ガラスのタイプは屈折率が高く薄くする事ができ、丁寧に取り扱えば傷がつきにくく変色も発生しないというメリットがあります。
その一方で衝撃には弱く、落とすと割れてしまうおそれが高いこと、プラスチックと比べて重くなり掛け心地に影響するなどの弱点があります。
プラスチックのタイプは加工が容易で軽く、比較的コストも安いために現在の主流となっています。
より屈折率が高く薄型に加工することができる非球面レンズは、特に強い近眼の方に選ばれることが多いものです。
度の弱い場合には、安価で手軽に作れる球面タイプのものも一定の人気があります。
それぞれの違いを比較検討して、メガネ作りの参考にしてください。