メガネの情報はこのサイトにおまかせ!

メガネとコンタクトの度数

メガネとコンタクトの度数 日常的にメガネをかけていても、コンタクトレンズを併用しているという人も少なくありません。
メガネは手軽で便利に使えるというメリットがありますが、顔のイメージを大きく変えるという側面もあり、ファッションによっては似合わないケースもあります。
スポーツをするときにも邪魔になることもありますので、そのような場合に使い分けているというケースが多いようです。
購入する場合には、必ず度数をチェックする必要がありますが、メガネを作る時に調べた度数と最適なコンタクトレンズの度数は数値が違っていることもよくあります。これは焦点距離の違いによるもので、直接目の上に載せるレンズであるか、メガネのように少し離れたところにレンズがあるのかという違いがあるためです。
正確な度数を測定する場合には、眼科で測定するのが一番ですので、これから新しくレンズを入手しようと考えている場合にはまずは眼科に行き正確な度数を調べるのがベストです。

メガネとコンタクトレンズには違いがたくさん

メガネとコンタクトレンズには違いがたくさん メガネとコンタクトレンズは視力を矯正するものという点では同じですが、様々な違いがあります。
まず、一番大きいのが見た目の変化でしょう。メガネをかけると、かなり顔の印象が変わってきます。しかしコンタクトは目に直接入れるため顔の印象はまったくと言っていいほど変化しません。
それから視野も違います。メガネはフレームの中だけが視野になるため狭いですが、コンタクトは裸眼と一緒の視野ですから、かなり広いといえます。
また、コンタクトは曇ったりすることもありません。このように書くと、コンタクトレンズの方が圧倒的に有利のようにも思えますが、大きなデメリットがあることも見逃せません。それは、メンテナンスが面倒だということです。毎日レンズを洗浄したりしなければいけません。
もっとも、使い捨てのものを使えばメンテナンスは不要ですが、それでも定期的に眼科クリニックに行って検査を受ける必要があります。コンタクトは目に大きな負担がかかるので、クリニックに通わないのは危険です。